記念事業

2020年に創立150周年を迎えるにあたって、フェリス女学院では、次の3つの記念事業を計画しています。

共通 150周年記念館(仮称)の設置 大学(一次) CLA棟整備事業 中高 外構・環境整備事業

共通記念事業

~150周年記念館(仮称)の設置等~

 山手6号館を全面改修し、150周年記念館(仮称)とします。6号館の教室機能を維持しつつ、常設の資料館を設置し、自校教育に努めるとともに、外部の皆様に公開することで、「横浜のフェリス」を広く社会に理解していただきたいと考えております。
 また、山手6号館に各同窓会室または分室を新設するとともに、教室を卒業生にも気軽に利用してもらえるように改修することで、卒業生との関係の強化にも取り組んで参ります。大学の二次記念事業として予定されている「女性のエンパワメント支援」のために必要な施設も視野に入れ、多くの方に利用いただける施設を目指しています。
 そのほかに、『フェリス女学院150年史』を刊行し、フェリス女学院の教育の歩みを明らかにし、後世に伝えます。また、『フェリス女学院150年史資料集』、『フェリス女学院創立150周年記念誌(図録・年表)』(仮称)を刊行します。

資料館設置 卒業生利用施設の充実 資料館設置

資料館イメージ図


PAGE TOP

大学記念事業(一次)

~CLA棟整備事業~

 フェリス女学院大学は、2017年度からフェリスの伝統であるリベラルアーツ教育を21世紀型の教養教育として「全学教養教育機構CLA (Center for the Liberal Arts)」を中心に展開しています。全学部の学生を対象に、4年間を通じた体系的なカリキュラムを編成し、「新しい時代を切り拓く女性」を育成。その全学教養教育を推進する拠点として、2016年度に専用の校舎「CLA棟(全学教養教育棟)」を整備しました。新しい教育に対応した最新設備を整え、アクティブラーニング対応教室の充実を図っています。その改修費用(約4億円)に対し、2016年度は、皆様からご寄付いただいた「大学(一次)150周年記念募金」の全額2596万円を充当させていただきました。謹んで御礼申し上げます。2017年度も引き続き、当該事業のためのご協力を宜しくお願いいたします(2年間の寄付目標金額:5000万円)。

国際センター(仮)の開設 「建学の精神」「教育理念 For Others」の明確化 「建学の精神」「教育理念 For Others」の明確化
外観 アプローチ ウェルカムセンター
ウェルカムセンター 国際センター 国際センター

PAGE TOP

中高記念事業

~外構及び環境整備事業~

 中高では、新体育館が2014年度に、新2号館が2015年度に竣工し第二期工事を完了いたしました。これにより、校舎、体育館、グラウンドが機能的に接続され、一体感がある配置となり教育環境の整備が進みました。150周年記念事業では、第二期工事の集大成として、正門、外構、中庭を中心とした校地の整備を行う予定です。

正門 外溝 中庭

新2号館と旧体育館跡地


中高正門


PAGE TOP