ホーム > フェリス女学院の取組 > フェリス女学院の社会的責任

フェリス女学院の社会的責任

フェリス女学院は、1870年の創立以来、キリスト教の信仰に基づく女子教育を通じて社会に貢献してきました。
これからも社会の要請に応え、教育活動を維持発展させていくために、次のような社会的責任に関する取組を行っています。

1. ガバナンスに関する取組

●内部監査
学校法人の業務全般の管理・運営の状況を客観的に検証するために、内部監査室を設けています。内部監査室は、「フェリス女学院内部監査規程」に基づき、業務監査及び会計監査を行います。また、監事・監査法人による監査に協力しています。
●法令遵守
私立学校は自主性が重んじられる一方、公共性の高さが求められます。フェリス女学院は、福音主義キリスト教の信仰に基づき、教育基本法、学校教育法及び私立学校法に従い教育事業を行うことを目的としています。法令の遵守に努めるとともに、継続的に規程の整備を行い、適正な管理運営を行っていきます。
●ハラスメント防止
学院の責務であるハラスメントの防止及び排除のために、ハラスメント防止委員会を常設機関として設置し、周知・啓発活動を行うとともに、万一発生した場合の対応に当たります。
また、学生・生徒の利益の保護及び学業環境の安全確保のために、大学、中学校・高等学校にもハラスメント防止委員会を設置し、ハラスメントの防止及び排除に努めています。
●個人情報保護
「フェリス女学院個人情報の保護に関する規則」を定め、学校法人及び設置学校が保有する個人情報の取扱いに関し、学院の責務を明確にし、その収集、保管、利用に当たって個人情報の適切な保護を徹底しています。
●公益通報
フェリス女学院は、法令又は学院諸規程に違反する行為又はそのおそれがある行為を早期発見し、是正することを目的として、「フェリス女学院公益通報等に関する規程」を定めています。また、通報及び相談のための窓口を設け、適切に措置する体制を整えています。

(通報方法)
  ・電話、電子メール、FAX、書面又は面会による。

(通報窓口)
  内部監査室(山手6号館 地下1階601室)
   【専用直通電話番号】
    045-306-7116(FAX兼用)

   【内線電話番号】
    202 (山手) 

   【専用メールアドレス】
    naibu@ferris.ac.jp

   【書面送付宛先】
    〒231-8660 横浜市中区山手町178
    フェリス女学院 内部監査室

2. 危機管理に関する取組

フェリス女学院は、災害や人災など、不測の事態に直面したとき、学生・生徒、教職員、そして周辺地域の皆様の安全を確保するために必要な準備を平常時から心掛けています。 主な取組を列挙すると、次のようなものがあります。

事業継続計画(BCP)の構築、防災用品・備品の備蓄、情報セキュリティー管理、緊急時連絡体制と危機管理対応体制の構築、建物・施設管理における耐震性確保(使用建物は確保済み)と定期メンテナンス励行。

3. 情報公開に関する取組

事業計画書、事業報告書、財務諸表(財産目録、貸借対照表及び収支計算書)を作成し、学院本部、大学、中学校・高等学校の事務室に備え付けて、利害関係人の閲覧に供するとともに、学院ホームページで公開しています。 また、学院、大学、中学校・高等学校のホームページを充実させ、逐次更新して、情報の積極的な提供を行っていきます。

4. 地域貢献に関する取組

フェリス女学院は、1870(明治3)年、横浜の地で誕生し、横浜に育てられ支えられてきましたので、横浜市・神奈川県の皆様との関係については強く意識しております。地元団体である「山手東部町内会」や「緑園都市コミュニティ協会」のメンバーとして、地域の皆様との交流にも努めています。

地域の皆様へ向けて開かれている音楽学部のメサイア公演

ページトップへ戻る